自分のアメリカ株の銘柄別の勝率は9割以上だ!!

”今日、FOMCで利上げあるから、ドルをここらで買っておけば、暴騰期待できるよー”

とか

”ここは、入るなら、ロングだねぇ”

などの会話をしているんなら、投機の可能性があります。

ドルの暴騰が9割以上の可能性があるんでしょうか?

短期売買だとあっても6割勝てるぐらいじゃ、ないでしょうか。


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

で、勝ち負け比率が1万円であれば、下の式のように10回取引をすると勝てる可能性はありますけどね・・・。

————————-
勝ち:0.6×1万円=6千円

負け:0.4×1万円=4千円
————————-

ただ、自分の考察では、業者にあげるスプレッド料がネックになってきて、やればやるほど負けるんだと思います。

まぁ、企業とかで

”この製品が売れそうだから、これにかけてみよう”

などの発言などからわかるように企業活動でも投資のはずですが、投機の要素がまったくないとは言えません。

株式投資も同様ですね。

自分は、アメリカ株の長期投資主体で、投資と思ってやってますが、投機の要素はありますよね。

アメリカ株の長期投資は投機の要素はありますけど、投機の要素はちょっとでほとんどは投資だと考えてます。

自分は、銘柄別でみると勝率9割以上ですね。

勝ち負け比は、勝ち2万円に対して負け1万円程度でしょうか。

————————-
勝ち:0.9×2万円=1.8万円

負け:0.1×1万円=0.1万円
————————-
※勝ち負け比から、2万円勝って、1万円負けると書いてますが、実際には投資額はもっと大きいです。

になるので、圧倒的に勝ちますよね。

ただ、意外な事ですが、株式投資において成功するには、いかに日々の株価をみず、本業や趣味に没頭するかだと思うんですよね。

リタイヤに向けてもこの方針以上の事はないと思ってます。

ちなみにアメリカ株の銘柄選別法は、アメリカ株で資金を2倍にした私の手法!!の記事で話したとおりです。


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*