株式投資の運用利回り

S&P500を圧倒的にアウトパフォームする自分の保有株たち!!

2020年も上半期が過ぎました。

アメリカだと2020年1~6月期までが上半期ですので、1年の半分が過ぎた事になります。

今年の上半期はコロナ・ウィルスによる世界的なパンデミックにより、アメリカ株もかなり乱高下しました。

よって、今年の上半期、自分の保有株がどうだったかをまとめるのは意義ある事だと思います。
続きを読む

この記事を読まれる皆さんは今後、資産運用において勝ち組になれる可能性が高いと思います!!

この記事を読まれてる皆さんは今後、勝ち組になれる可能性が高いと思います。

アメリカ株式投資の長期投資こそ、資産運用の王道だからです。

お金が足りなさそうだからという理由で資産運用をはじめる人は多いですが、日本株ではだめなんです。

長期的に上昇する事が期待できないからです。
続きを読む

6年で資産が2倍になる投資法ではだめですか!!

年率10%以上確保する株式投資法はコロナ危機でどうなったのか!!

の記事を書いてますが、私の株式投資法で成果をだすためにはとにかく時間がかかります。

今はコロナ危機という特殊事情もありますので、利回りは平時の12%くらいであると考えると資産が2倍になるのに6年、4倍になるのに12年かかります。
続きを読む

年率10%以上確保する株式投資法はコロナ危機でどうなったのか!!

年率10%以上確保する株式投資法とは意外に簡単すぎる!!

の記事を過去に書いた事があります。

最近、コロナウィルス危機によりアメリカ株も大暴落しました。

ダウ平均で考えると2020年2月9日あたりが2万9500ドルだったのですが、3月18日には1万8000ドル割れしそうなところまで下落しました。
続きを読む

ダウ平均株価3万ドルが1万ドルに落ちるようなら、長期株式投資家にとって福音である理由は??

ダウ平均は2020年2月14日の2万9500ドルを天井に昨日(2020年3月20日)は1万9000ドルにまで落ちてきました。

自分も含めて、米国株に投資してる投資家は大損してる事と思います。

ここまでくると投資家の中には、今後、ダウ平均1万5000ドルまで落ちるとか、1万ドルまで落ちるとか言う人がでてきます。

しかし、発想を変えると現在のダウ平均株価1万9000ドルは良い事ですし、ダウ平均1万ドルまで落ちるようなら、それは福音だと思うのです。

その理由を例えを用いて書いてみました。
続きを読む