3社への中小型株投資で1社破綻しても年率29%のリターンを達成できる!!

150万円をシェイクシャック(SHAK)、ペイパル(PYPL)、くら寿司USA(KRUS)に仮に50万円ずつ投資するとします。

もし、2年後、くら寿司USAが破綻して株価がゼロになったとします。

しかし、シェイクシャックは3倍に成長、ペイパルは2倍に成長したとします。

そしたら、

シェイクシャック:50万円×3 = 150万円

ペイパル:50万円×2 = 100万円

くら寿司USA:50万円×0 = 0万円

となります。

1社破綻しましたが、最初の投資額150万円が250万円になりました。

2年で250万円になりましたので、

[(250万円/150万円)^(1/2) - 1 ]×100 = 29%

の年間リターンになるわけです。 

ここで言いたいのは中小型株に属する3銘柄のうち、1社破綻したとしても年間リターンは29%も達成できる可能性があるという事です。

もちろん、3社とも10倍株になる可能性があるから、投資してるわけなので、今でも1社でも失敗するなんて考えてはいません。

しかも、シェイクシャックは75ドルで購入してますが、もうすでに100ドルになっていて、33%値上がりしてますし、ペイパルは103ドルで購入してますが、110ドルになっていて、7%値上がりしてますしね。


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*