新グロース株候補としてこの銘柄に注目している!!

グロース株候補として、エヌヴィディア(NVDA)に注目しています。

エヌヴィディアは、ゲーム用のGPUと言われるグラフィック・プロセッサー・ユニットなどの画像処理専用チップで、頭角を現した企業であります。

この銘柄に投資したいと思っているのは、以下の3点で魅力を感じてるからです。

ビジネスの成長性の観点

エヌヴィディアは、ゲーム用のGPUが有名ですが、GPUがCPUと違うのは以下のようです。

CPUは複雑な処理を高速で処理することが得意で、パソコンなどの演算を実行しています。

一方、GPUは画像処理専用のチップで、単純な作業を並列処理することが得意なチップです。

エヌヴィディアはこのGPUをAI用途にも使えるCPUなみの仕組みを開発しました。

それがCUDA(Compute Unified Device Architecture:クーダ)というソフトウェアです。

このCUDAを使用することで、画像処理以外の演算処理にGPU資源を使うことができる様になりました。

これにより、クラウドなどのデータセンター用途にもGPUが入っていけるようになっています。

また、自動運転技術の肝となるディープラーニング用途にもエヌヴィディアのGPUは期待できます。

売上げの成長性と財務的な観点

2013年の売上げ41.3億ドルに対して、2019年の売上げは109.1億ドルとなっています。

売上げ成長率は年平均17.6%となっています。

工場を持っていないと理由で、売上げに対する純利益率は25.6%と高い水準を保ってます。

自己資本比率は70%にもなっていますし、長期負債は19億ドルと2019年の純利益28億ドルの1年分にも満たない負債しかありません。

チャート的な観点

以下図はエヌヴィディアの過去5年のチャートです。

2018年に9月に290ドルの高値をつけた後、12月には130ドルまで調整しました。

この厳しいチャートを2020年2月にブレイクしましたが、コロナショックでまた、200ドル割れ寸前まで調整しましたが、いよいよ300ドルを超えて上昇サイクルに入ったように見えます。

現在のエヌヴィディアのチャートの形が オニールの成長株発掘法 【第4版】  の128~129ページに説明があるような取っ手付きカップの株価チャートパターンとまったく同じですね。


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*