1000万円以上稼ぐアメリカ株式投資!!

月の残業を40時間くらいすれば、10万円ぐらいかせぐ事はできるでしょう。

ボーナスで100万円くらいなら、もらってる会社員の方も多いと思います。

しかしながら、1000万円はなかなか簡単にはもらえません。

10万円、100万円なら肉体労働で稼げばいいのですが、1000万円を肉体労働でかせぐのは非常に困難だと思います。(年間1000万円ぐらいなら、かせぐ人もいるでしょうが・・)

私は株式投資において、稼ぐべきお金のオーダーは肉体労働で稼ぐのが困難である1000万円のオーダーだとおもうのです。

100万円のオーダーを稼いでもいいのですが、前述しましたように賞与で簡単に得る事ができるお金です。

年率10%以上確保する株式投資法とは意外に簡単すぎる!!

の記事にも書いてますが、自分の投資法では年10%以上の利回りになるので、だいたい6年で元本が2倍になります。

500万円しか種銭を準備できない人は1000万円稼ぐのに12年かかってしまいますね。

信じれないですか?

下記図はナスダックの2010年~2020年までのチャートです。

ナスダックは、アマゾン、マイクロソフト、グーグルなどアメリカのハイテク企業を中心とした指数です。

2010年のナスダック2000ポイントは現在(2020年6月)では1万ポイントに達しました。

株価5倍の上昇です。

もし、2010年のナスダックに1000万円投資していたら、2020年の現在には5000万円の資産になっていましたね。

夢がふくらみますよね?


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*