金融資産3000万円に到達したら、この記事を読み返すために!!

例えば、50歳で金融資産3000万円あるとしましょう。

年率10%以上確保する株式投資法とは意外に簡単すぎる!! 

の記事の手法を用いれば、年300万円ずつ株式投資で稼ぐ事ができます。

日本人の平均年収は400万円ですので、年100万円分不足しますが、不足分はバイトをするなりして賄ったりもできます。

また、不足分は資産から充当して10年後(60歳時)、年2000万円くらいの資産に減らしてもいいかもしれません。

60歳からは年金をもらい、不足分は2000万円の資産から取り崩す事になりますが、株式投資運用をすれば、年200万円は稼ぐ事ができるでしょう。

ここでは、あまりお金で細かい話をしたいのではありません。

自分がここで話したいのは、これだけの資産があるのにたまに楽しいかもしれませんが、ストレスの多い仕事を続けるのはたもったいない気がするのです。

それで良いと言う人もいますが。

1年の半分はバイトしながら、半分は世界を旅しながら過ごす事もできるでしょう。

自分は50歳で3000万円前後の金融資産があれば、セミリタイヤ可能と思います。

自分は1000万円を超えた資産を3000万円にするフェーズにいます。

自分は100万円前後のお金を2倍、3倍と増やした経験があります。

桁はひとつ違いますが、その経験から金融資産3000万円に到達するのは時間の問題と思うのです。

3000万円に到達したら、サラリーマンとしての仕事を無理に続ける必要はなくなるでしょう。

100万円前後のお金を2倍、3倍と増やした時に

な~んだ、こんなもんか

と思ったりしました。

金融資産3000万円に到達しても同様の事を思うのではないでしょうか?

この記事は備忘録のために書いています。


スポンサーリンク


Amazon.co.jpアソシエイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*